秋だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(後編)
2日目。やっち(長男、中2)は「お尻が痛い」らしい。ぎゃははは、それ、サイクリストの洗礼ってやつ? しかし、なぜか湿布なんぞを持参しており、ひとりでワーキャー言いながらお尻に湿布を貼ってました。さらにレ―パンの中にタオルまで忍ばせ、やる気は十分の様子。ついでに少しサドルの角度を変えてやったら、全然OKとのこと。なんとも頼もしい限りです。

1日目でしまなみ海道を完走してしまったので、2日目の予定は特になし。今治のホテルを出て、とりあえずフェリー乗り場に行ってみましたが、弓削島に向かうフェリーまであと1時間半もあると伝えると、「だったら走るっしょ」だと。とりあえず来島海峡大橋を走ることにしました。
d0024111_20311197.jpg
朝方の来島海峡大橋は気持ちよすぎです。いい選択だったとふたりで顔を見合わせます。1本目の橋を渡ったところで、やっちの発案で馬島に降りてみました。エレベータでガーッと島に降りて、軽く一周。橋を下から見上げる景色はなかなか迫力があります。
d0024111_20403314.jpg
帰りのエレベータに乗ろうとした時、ポツポツと雨が降ってきました。降水ナウキャストによれば、雨は20分ほどで上がる模様。同じエレベータに乗り合わせたローディの方々にも「待った方がいい」と伝えたのですが、振り切って出発してしまいました。一方、我々は雨対策をしながら、橋の下で雨宿り。そのうち景色が真っ白になるくらいに雨が強くなり・・・言わんこっちゃないよなぁと。
d0024111_22383758.jpg
通り雨をやり過ごし再スタート。天気も回復傾向で気持ちの良い1日になりそうです。とりあえず伯方島を目指します。上り坂でやっちに置いて行かれる構図はもはや定番となってきました。我が子の成長を喜ぶべきか、我が身の衰えを悲しむべきか複雑な心境・・・・。

伯方SCパークまで来たところで、昨日のルートを戻るのも芸がないということで、ここからはバス輪行で瀬戸田パーキングエリアまで一気にワープ。瀬戸田PAからは、なのだもまだ走ったことがない生口島の東海岸を走り、因島に上陸。
d0024111_20352687.jpg
その後、土生港→生名島までフェリー。ゆめしま海道をちょこっとだけ走って、生名島から因島重井港まで再び船で移動し、尾道を目指します。向島も行きとは反対の東ルートを走ったものの、上り坂でギアをかけてダンシングで上っていくやっちに全く歯が立たず、山頂ゴールよろしくピークで1番のポーズを浴びせられた日には、父親のプライドはズタズタです(笑)。
d0024111_2037935.jpg
そんなこんなで、無事に尾道に到着。朱華園で待望の尾道ラーメンを食べ、今回の旅を締めくくりました。

息子とふたり旅は、なのだにとって貴重な体験だったことは言うまでもありません。それよりも、なのだがランドナーを手にして自転車の世界に足を踏み入れたのが中3の時。我が息子というより、ひとりの少年として、今回の旅がなんらかの影響を与えるような気が・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-10-13 20:46 | ポタリング
秋だ!ポタだ!しまなみ海道だ!... >>