鯖街道ポタ
今回は、JR京都駅から鯖街道を北上し、JR安曇川駅まで走ってきました。
今まで京都にはあんまり足が向いてなかったのに、ここにきて急に行きだしたのはなぜでしょう?自分でも分かりません。

さて、京都の市街を抜けて、まずは大原を目指します。この前より、天気もいいし、緑がまぶしい~。
d0024111_21171062.jpg
大原を通過し、集落が切れたあたりからは我慢の走り。すぐ横を自動車が追い越していく中、坂を上り続けるというのは試練です。途中峠(「とちゅう」という地名)を越え、旧道に入ると安息の時間。しかし、それも束の間、やがて旧道は吸収され、4連続のヘアピンカーブの登りが待ってました。これが結構、しんどかったー。で、それを上りきった後のとどめが、この花折トンネル。歩道が細すぎっ!意を決して車道を走りました。基本、トンネル嫌いなので、言葉にならないくらいの恐怖・・・。
d0024111_21172638.jpg
トンネルを抜けると、別世界でした。右と左には山が屏風のように立ちふさがっていて、左手下には安曇川が流れています。ここからはずっと川と一緒なので、基本的に下り基調です。
d0024111_21173829.jpg
車の走る道から外れて、旧道に入ると、期待通りの田舎道がそこにはありました。ただ、残念なことに、多くの旧道が通行止めになっていました。道路が侵食で崩落していたり、土砂崩れで埋まっていたりという状況です。目下、復旧工事中のようです。
d0024111_21175515.jpg
流れ自体はそんなに荒々しい感じのしない安曇川ですが、石のゴロツキ感を見ると、静かな川ではないことはなんとなく分かります。
d0024111_2118115.jpg
朽木の町中は、街道らしい雰囲気が残っています。街道らしいといっても、なのだの勝手なイメージですが・・・。
d0024111_21183051.jpg
この後、安曇川に沿って琵琶湖を目指し、JR安曇川駅でゴールしました。約70km。



d0024111_2118433.jpg
ひだまり堂さんにて

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-04-26 22:29 | オン・ザ・ロード
<< あらぎ島ポタ2015 京都御土居ポタ >>