春だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(前編)
全国的に春の陽気に恵まれたこの週末、ちょっとポタってきました。目的地はというと・・・もはやこの写真で説明は不要かと思いますが、そう、『しまなみ海道』です。
d0024111_13193032.jpg

なのだ的には3年ぶり3回目のしまなみ海道。メンバーは、先日来琵琶湖や加太にご一緒させてもらっているBirdy3兄弟です。新大阪から『こだま』の始発ですと尾道駅の到着は朝の9時過ぎ。今更ながら「近っ!」。
d0024111_1320723.jpg
まずは渡船で向島へ。この景色、この音、この匂い。「しまなみに来たんだな~」と、しみじみ。
d0024111_13204548.jpg
向島に上陸後、ブルーラインを外れて、向島の東側を回ってみました。
d0024111_13211628.jpg
東側ルートは、いろんな方がお勧めされている通り、西側ルートより長閑で「島に来た」感が味わえます。「島は時計回りで」というサイクリングの鉄則通り、水辺側を走れるところもいいですね。
d0024111_13213424.jpg
因島に渡り、『はっさく屋』さんに立ち寄った後、お店の横の坂をツーっと下って、因島も時計回りで走ってみることにしました。しかし、それがとんでもないことに・・・。
d0024111_1322465.jpg
因島の東側ルートは車が少ないところはGoodですが、その代わりに坂が2本。それが結構歯応えありまくりで・・・。しかも、その2本目のピークを迎えようという時に、dai-5さんのサドルに衝撃的な出来事が・・・。なんと、サドルレールが破断してしまったのです。よりによって、しまなみ海道の、島の裏側の、峠のピークで、天下のBrooksが・・・ですよ。dai-5さん、やっぱり持ってます。応急処置でなんとか土生に到達。

土生といえば『いんおこ』。お好み焼きの『越智』さんを訪れました。ミーティングテーブルのような鉄板の正面に女将さん。女将さんを中心に6~7人が座るスタイル。のしイカの風味がアクセントであっさり味。何枚でもいけそうです。うまかった~。
d0024111_13222780.jpg
お腹が膨れたところで、フェリーで土生港から生名島の立石港へ。いわゆる『ゆめしま海道』を目指します。ちなみに、dai-5さんのサドルは、土生の自転車屋さんにて無事にリプレースされました。
d0024111_1332142.jpg
ゆめしま海道は、生名島、佐島、弓削島の3つが橋でつながっており、サイクリングコースになっています。もちろん、しまなみよりも車も自転車も少なくて「島に来た」感たっぷりです。
d0024111_13352543.jpg
その後、弓削島にあるインランド・シー・リゾート・フェスパへ。ちょっと高台にあるので、ここからの眺めは最高です。本日の締めはここの日帰り温泉。しまなみっぽさはないですが、高級リゾートという非日常にうっとりです。
d0024111_13381082.jpg
宿泊先の伯方島までは、弓削港から高速船で約30分。
d0024111_13431411.jpg
この夜、旅館で「これでもか!」というくらいの魚介料理を頂き、1日目の工程はこれにて終了です。
後編につづく
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-22 23:30 | ポタリング
<< 春だ!ポタだ!しまなみ海道だ!... 男三人加太ポタ >>