格安SIMその後
d0024111_22273931.jpg
格安SIMを使い始めてほぼ半月、結論から言うと全く問題なし。
LINEも、Googleマップも、Razikoも快調に動いてます。楽天edyやモバイルSuica、ローソンモバイルPontaなどのおサイフ機能も、全く問題なしです。それらのいくつかは、SIMがなくても動くので、格安SIMだからといって問題が発生するはずもないのですが・・・。

そんなことよりも、ちと間抜けな話ですが、いかに自分が普段、外でスマホを使っていなかったかを改めて認識しました。自転車通勤なので通勤中に使うことはないし、会社には会社のケータイとPCがあるので、外でスマホが活躍するのは、せいぜい「帰るコール」代わりのLINEくらい・・・。
その結果、この半月の通信量は、なんと100MBちょい。
もちろん、一応、パケットの節約には気を使っています。例えば、余計なアプリは可能な限りアンインストールしていますし、アンインストールできないアプリは徹底的に無効化してます。また、アプリの更新は、Wi-Fi環境下で実施することにしてます。
1ヶ月で1GBの容量制限なんて、海のように広い・・・。
ということで、なのだの使い方だと、容量制限の心配は無用だということが分かりました。

じゃあ、速度の方はどうなのかというと・・・・・実は、偶然にも、社内になのだと同じスマホF-05Dを使っている同僚を発見しました。もちろん、その同僚はDocomo純正のSIMです。で、ちょっとムリなお願いをして、「スピードチェッカー」を試させてもらいました。その名の通り通信速度を測定するアプリです。同じ機種を使って同じ場所で同じタイミング、違うのはSIMだけという環境で、通信速度の比較をやってみました。そしたら、な、な、なんと、DocomoのSIMの方が格安SIMより、2~3倍も速い!何度やっても、肩を並べることすらありませんでした。やっぱり、格安SIMはそれなりなのか・・・。
ただ、今まで使ってたauのIS03と勝負してみたところ、ほぼ互角でした。ってことで、まあいっか・・・。

実を言うと、100MBちょいというこの半月の通信量のうち、40MBはこのスピードチェッカーによるもの。このくだらない速度勝負を除けば、60MBしか使ってないということになります。さらに、その半分の30MBは、先日の紀見峠ポタで道に迷いまくって、地図を見まくったのが原因です。月々5000円支払っているスマホ代が、ますますバカバカしく思えてきました。

ということで、auは、今月末、ガラケーに乗り換えて、料金プランを変更することで決まりです。あと、メディアプレイヤーは初めて使いましたが、CDを入れる手間は、auのLISMOより全然早いですね。
d0024111_22452711.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-16 22:33 | ファミリー
<< あっち側とこっち側 土丸・雨山城跡トレッキング >>