土丸・雨山城跡トレッキング
先日の講演を聴いてから、一度登ってみなくては・・・と思っていた「雨山」と「城ノ山」に行ってきました。
どちらも標高300m前後ながら、その方面の方々には「アルプス」と形容されるくらい、変化に富んでいて楽しいコースなんだそうです。確かに、このシーズンは登山客の姿をたくさん見ます。しかも、登山ブームの影響なのか、年配の方々も含め、皆さん上から下までばっちりですね。
そんな中に、ほとんど買い物帰りのような格好で挑んできました(笑)。

起点は永楽ダム。西ハイキングコースというルートをたどって、雨山を目指します。
d0024111_18532874.jpg
このルートは、基本的に尾根線沿いで、歩いている間も、見晴らしがよくて気持ちがいい~。時には、左右どっちも崖・・・みたいな場所も。
d0024111_18541759.jpg
左が土丸城跡がある城ノ山、右が雨山城跡がある雨山です。ここから、見えている通りの尾根をたどっていく感じです。
d0024111_18544354.jpg
城ノ山の山上から、関空方面を臨む・・・てか、何んも見えねー。スカッと青空だったら、どんだけいい景色なんだろ。
d0024111_18553842.jpg

そして、これが日根荘の大木地区。大木を見渡せるポイントとしては、ここが一番なんだそうです。実はこれが観たかった。
d0024111_1855996.jpg

普段、あんまり山に登ることはないですが、たまにはいいモンですね。その前に、シューズとウェアが欲しくなった・・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-13 19:16 | 日根荘
<< 格安SIMその後 紀見峠を越えて >>