日根荘ポタ、再び。
日根荘(ひねのしょう)をポタってきました。
昨年の春にも日根荘をポタりましたが、今回はそれより少し山手にある「大木(おおぎ)」の集落を中心に走ってみました。
d0024111_21311160.jpg
実は、この大木地区、昨年の10月に国の「重要文化的景観」に選定されたそうです。重要文化的景観って何?という感じですが、要するにこの景観を文化財として積極的に保護しようという動きのようです。まだ全国で38ヵ所しか選定されていませんが、その中には「近江八幡」や「あらぎ島」など、さもありなんという感じの景観も含まれています。
d0024111_21305488.jpg
周囲を山に囲まれた盆地で、集落の中心には樫井川が蛇行して走っています。川から山裾に向かって、ちょっとした棚田になっており、棚田を形作る石垣が風景にひと味添えています。
d0024111_21302469.jpg
和歌山県に抜ける幹線道路は、この集落をかすめるような位置を走っており、集落に用事がない限りは足を踏み入れることはない秘境のようなところです。実際、なのだも葛城山に向かう時にこの幹線道路を何度も走っていますが、集落の中に入ったのは今回が初めてです。
d0024111_21304192.jpg
ごく当たり前の見慣れた風景のようにも見えますが、考えてみると、こういう農村風景って貴重になってきた気がします。しかも、こんな身近にあるなんて。
d0024111_2130931.jpg
また、田植えのシーズンに訪れたいですね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-01-28 21:54 | 日根荘
<< 牛滝とそぶら オトメゴゴロ >>