やまなみハイウェイを走る(その3)
いよいよ、今コースのメインイベント、牧ノ戸峠へのアタックです。できるだけ車が少ない時間を狙って、朝早くに宿をチェックアウトしました。その甲斐あって、「高原の朝」って感じの凛とした空気と鳥たちの鳴き声。いいですなぁ。
d0024111_9145363.jpg
で、なんだかんだと覚悟してた割りには、結構あっけなく牧ノ戸峠に到達しました。標高1330m。長者原から牧ノ戸峠までの道のりは、距離にして約6km、標高差は約250mで、ほぼコンスタントな勾配の登り坂で登り易かったです。
d0024111_9153195.jpg
下に見えるは阿蘇の町。あいにく春霞なのか、阿蘇五岳は見えません。
d0024111_9155526.jpg
牧ノ戸峠から阿蘇の町に落ちていくようなダウンヒルの後、これぞ、やまなみハイウェイ!って感じの景色になってきました。こんな景色の中をいつか自転車で走ってみたいと思ってたので、ちょっと感動です。
d0024111_9162380.jpg
このままやまなみハイウェイ(県道11号)を進むと標高が下がってしまうので、横に逸れて、今度は「ミルクロード」(県道45号)を走ります。その名の通り、牛さんのための牧草地です。のどかですなぁ。あまりにのどかすぎて、退屈感と紙一重です。
d0024111_9164321.jpg
そうこうしているうちに、大観峰に到着。車やバイクで来たお客さん達で賑わっていましたが、意外にも自転車は自分だけでした。先ほどは霞んでいた「阿蘇の涅槃像」がうっすらと見えます。ありがたや。
d0024111_917590.jpg


この後、阿蘇スカイライン(県道12号)を通って「ラピュタの道」を目指します。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-05-01 09:38 | オン・ザ・ロード
<< やまなみハイウェイを走る(その4) やまなみハイウェイを走る(その2) >>