ドミニオン、始めました
『ドミニオン』というカードゲームを買いました。
d0024111_23301352.jpg

そっち方面には全くアンテナを張っていなかったので、存在すら知らなかったのですが、数年前に話題になったカードゲームだそうです。
先日、やっち(長男、小5)が、近所のイベントでこのカードゲームを体験したらしく、帰って来るなり、熱弁を奮ってました。もともと部類のポケモンカードマニアのやっちが、新たな魅力を感じたカードゲームというわけで、いったいどういう物なのか興味が湧いてきました。そこで、ネットでいろいろ調べてみた結果、ついポチッとやってしまいました。ミイラ採りが・・・(笑)。ま、基本セットで実売3,500円(送料込み)なので、万が一失敗しても後悔するほどの話ではないですが・・・。

で、金曜日の夕方、ブツが届きました。早速、開封して、やっちによるレクチャを受けながら、やってみました。素直に面白い! 結局、その日は日付が変わるまで、延々とやり続けました。明けて土曜日は、途中で買い物に出かけた時間を除けば、朝から晩までほぼどっぷりとドミニオン漬けでした。日曜日は、朝からクラムチャウダーポタに出てましたが、帰宅してからは、やっぱりドミニオン三昧でした。もうサンドウィッチ伯爵もビックリでしょう。
カードゲームに精通しているわけではないので、偉そうなことは言えませんが、ポケモンカードゲームは、事前に自分のデッキを作って、相手のデッキと力を競うゲームであるのに対して、ドミニオンは、デッキを作ることそのものがゲームの目的になっています。自分のデッキに加えたい技やお金、屋敷などのカードを、手持ちのデッキを使って、山札からゲットし、それをまたデッキに加えて次のカードをゲットする・・・ということを繰り返すゲームです。勝敗は屋敷系のカードに書かれた合計点数で決まるんですが、ゲームが終わるまで、屋敷系のカードは技やお金の出番を邪魔するだけなので、そこが戦略ポイントになります。

少なくとも、しばらくは、はまりそうです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-01-21 23:33 | ファミリー
<< 紀州街道を通って難波まで クラムチャウダーの牡蠣入り >>