朝タチウオ、夕方タチウオ
季節がよすぎて、このところの週末は、多忙な日々を送っています。
ブログ更新も放置した結果、10月はこれが2つめのエントリー。

土曜日は、早朝3時に起きて、近くの波止場まで、ひとりタチウオ釣りに出掛けてました。ちょうどこの季節が、タチウオ釣りのピーク。波止場には、いつもの2倍くらいの釣り客が糸を垂れていました。しかし、釣れている雰囲気はナシ。自分の竿も雰囲気全くナシ。
と、夜明け直後に、アタリが。小ぶりのタチウオが1本釣れました。その後、7時頃まで粘りましたが、後にも先にもこの1本だけでした。

家に帰り、早速タチウオを3枚におろします。っていうか、ままっちの役目ですが。それから、近くの森に出向いて、青竹をゲット。七輪に火を入れて、タチウオを青竹に巻いて・・・
d0024111_1118376.jpg

「うますぎっ!」です。TVでやってた調理法ですが、これがうまくないはずがありません。
半身は皮を外側に、残る半身は皮を内側にして、焼くのですが、皮が外の方は、身がふっくらとしていて香りも香ばしい。反対に、皮が内側の方は、水分が飛んで身がしまり、味が凝縮しています。
これを食べたままっちのひと言・・・・「今から釣りに行こう!」。

ということで、気が付いたら、夕方4時、さっきまでいた波止場に戻って釣りをしていました。
2時間頑張って、釣果はまたタチウオ1本。まあ、周りも渋かったので、上出来でしょう。

朝夕のダブルヘッダーで、タチウオ2本の一日でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-10-28 11:32 | フィッシング
<< MBK Tracker Hi-... 電子レンジでゆで卵!? >>