母校の文化祭に行って来ました
突然の思いつきで、やっち(長男、小5)と2人で、なのだの母校の文化祭に行って来ました。
d0024111_22285311.jpg
母校と言っても場所は福岡なので、思いつきやそこらで簡単に行けるところではないのですが、やっちをダシに使って、ままっちを説得し、出発前夜に決断したという超土壇場の飛び込み企画です。

20数年ぶりに訪れた母校は、大きく様変わりしたところもありますが、やはり懐かしいのひと言につきます。ましてや、高校の3年間、これにすべてを費やしたといっても過言ではない行事ですので、懐かしさの中にもいろいろな思いが交錯します。さしずめ、映画『ニューシネマパラダイス』のサルヴァドーレが故郷の村を訪れるあの感動的シーンといったところでしょうか(笑)。いや、でも、隣にやっちがいなかったら、ホントに涙を流していたかも知れません。ってのはウソです。

で、今回の訪問で一番見たかったのがこれ。
d0024111_22313687.jpg
その名も「大壁新聞(おおかべしんぶん)」。縦12m×横8mのこの超巨大壁新聞、素材はなんと模造紙です。もちろん、タネも仕掛けもありまくりですが、それは造った人と見た人だけの秘密・・・。文字はすべて手書きでレタリングされています。かつては新聞部の定番パフォーマンスでしたが、廃部となった今は1年生3クラスの合作という形で歴史が引き継がれているようです。

一方、やっちのツボにはまったのがこれ。
d0024111_23363153.jpg
「リアルポケモンバトル」です。好きなポケモンを選んで、好きな技を繰り出す・・・これを、着ぐるみを着た高校生がやってくれるという企画。もちろん、選べるポケモンも繰り出す技も、予め選択肢が限られていますけど。ちびっ子達のために献身的なバトルを繰り広げる高校生の姿が、妙に印象に残りました。

他にも、文化部の作品展示や、お化け屋敷、巨大迷路、巨大すごろく、ファッションショー、スポーツテスト、演劇、バンド演奏、吹奏楽、喫茶店などなど・・・。なのだの時代から自由な校風が特徴の高校でしたが、当時にも増して自由な雰囲気を感じたそんな一日でした。みんなが真剣だし一生懸命。でも、楽しそう。若いっていいなぁ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-05-29 00:00 | ファミリー
<< 加太といえば・・・ いぬのなきべそ >>