人騒がせなワイヤーロック
一気に寒くなりましたね。昨日のポタが走り納めにならなきゃいいけど(笑)。

今回の木之本ポタでちょっとしたハプニングがありまして・・・実は、家に鍵を忘れてきてしまったのです。

正確には、ワイヤーロックはFRETTAにくっついているので忘れるはずもないのですが、それを開けるキーの方を忘れてきました。それに気づいたのが、ロックした後・・・とかだったら、そりゃあもう大騒ぎなのですが、まあ幸いにして往きの電車の中で気づきました。

さて、どうしたものか・・・。
このまま鍵ナシでポタを始めるというのも一瞬考えましたが、いろいろと後悔しそうなので、どこかで新しい鍵を調達することにしました。どこで買おうか、思いをめぐらせているところ、ふと思いついたのが、京都駅のビックカメラ。ここなら、途中駅だし、駅直結の改札まであり、ほとんどロスタイムなく買えます。ビックカメラ、便利すぎるよ、ありがとう~。これなら、万が一、自転車を忘れてきても大丈夫だよ~(ウソ)。 

ということで、ゲットした鍵がこれ。カラビナにシリンダタイプの番号が付いているやつです。見るからに頼りないですが、ないよりマシでしょ。
d0024111_21311618.jpg
デフォルトの番号が「000」になっていたので、木之本に向かう電車の中で、好きな番号にセットしました。例えば「567」って感じに。

ところが、です。「567」にセットしたはずなのに、「567」に合わせても開かない・・・。セットがうまくいかなかったのかなと思って、「000」に戻してみましたが開きません。「567」でも開かなければ「000」でも開かないなんて・・・おいおい。冷や汗たら~。こうなりゃ、アレしかないでしょ。流れゆく車窓には目もくれず、「001」「002」「003」・・・と、素人の金庫破りみたいなことを開始。すると、なんということでしょう。あっけなく「020」で『カシャ』。おー、開いた! なんとラッキーな。どうやら、番号セットする際に、セット用のピンがきちんと押せてなかったようです。気を取り直してもう一度、「567」にセット。何度もチェックして、今度こそは万事OK、完璧です。

d0024111_21383634.jpgさてさて、石道寺での駐輪が、このワイヤーロックのデビューとなりました。参道の紅葉を堪能して、自転車に戻ってきた頃には、日も暮れかけていました。さてと・・・番号を「567」に合わせてと・・・あれ? 何? どうした? 開かないじゃないか!滝のような冷や汗。まさか、こんな時間に、こんなところで、また金庫破りかよ!
と、焦りまくっていると、ふと、頭の中にひらめくものが・・・。

 裏と表があるんじゃね?

d0024111_2139922.jpg鍵をくるっとひっくり返して、番号を「567」に合わせると『カシャ』。おー、開いた! 全く人騒がせなワイヤーロックです。でも、この不親切きわまりないユーザーインタフェイスも、ある意味、防犯にひと役買っているような、いないような・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-11-21 21:45 | 自転車グッズ
<< 「釣った」と「釣れた」は違うらしい 黒田家を訪ねるポタ~木之本 >>