テトラでガシラ
d0024111_21361091.jpg
友人の誘いで「ガシラ」を釣りに行ってきました。
連れて行かれた場所はポタでもよく訪れる意外と近所。

 なのだ 「今日のポイントはここ?」
 友人  「いや、あそこ」

と友人が指をさした方向を見ると、50mほど沖合に連なるテトラポットたち・・・。『どう見ても、完全に海の向こうですやんっ!』と思うが早いか、すかさず長~い長靴を差し出されました。胸元までスッポリ入るアレです。

ちょっと尻込みするなのだ・・・。それとは対照的に、同行したやっちの目はキラキラ。こうなったら半分やけくそじゃ~という感じで、ゴム長を履き、テトラに向かって海の中を歩き出しました。でも実は、思っていたよりも遠浅な海岸だったようで、深くてもおへそあたり。もちろん、やっちには過酷な深さなので、途中で抱えてあげ、難なくテトラにたどり着きました。これだけでも冒険やな。

渡ってみればそこは天国。なにしろ、このテトラ島は我々が占拠したも同然。誰にも邪魔されることなく、好き放題にガシラ釣りができます。仕掛けはブラクリという仕掛け。エサは活きエビです。テトラのスキマの穴に糸を垂らすと、いとも簡単に「ガシラ」が釣れます。

結局、この日、3人でガシラ9匹を釣り上げました。
その夜、刺身、味噌汁、煮付け、から揚げで頂きました。ガシラのフルコースです。見た目はグロテスクで、なかなか口にすることがない魚ですが、食べたらうまずぎですっ!
d0024111_21363260.jpg
ちなみに、ガシラとは「カサゴ」のこと。九州では「アラカブ」と呼ばれているらしい。そういえば、ロケみつで早希ちゃんが志賀島で釣ってたな・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-11-14 21:33 | フィッシング
<< 黒田家を訪ねるポタ~木之本 旬を釣る >>