笑えそうで笑えない
d0024111_2193112.jpg
自転車も乗ってますが、釣りにも行ってます。あれから週末は欠かさず。我ながらこのハマりっぷりにはビックリです。

でも、釣れるのは、相変わらずイワシとアジ。市場に行けば、持ってけドロボー的な値段で売られているようなサイズだし、エサ代のことを考えれば採算が合っていないのは明らかなんですが、でも、なんだか楽しい。何がどう楽しいかって言われても、まだよく分かりません。ただなんとなく『福引き』の感覚に似てるかなと。エサ代を払って、釣り糸を垂らして、運がよければ当たりが出るかな・・・みたいな。時には、仕掛けごと地球に奪われ、大はずれってこともありますがね。

でも、そんな楽しい釣りも、ひとつだけイヤなことがあります。それは『糸絡み』です。それも決まってやっちの竿で。「えー?また絡んじゃったの?やれやれ・・・」ってな感じです。で、その対策になるかどうかは分かりませんが、やっち用にリールを買い変えてみました。ぶっちゃけ、名前で選びました。なんとなく入門用にはよさそうな気がして。
d0024111_21101651.jpg

ところで、話は全然変わるのですが、「月」の話。Septemberではなくて、Moonの方。
先日、やっちのクラスで「月の観察」の宿題が出たんです。「6時から9時まで、1時間ごとに月の観察をしてください」と。
6時になって、やっちが騒ぎます。「月が見えないよ~」と。
7時になって、またやっちが騒ぎます。「また、月が見えないよ~」と。
で、念のため、月の出の時刻を調べてみたら、なんとその日の月の出は9時過ぎでした。
「先生には『見えなかった』と言っておけばいいじゃん」ということで、その日は治まりました。

そして、数日後、また、同じ宿題が出ました。観察の時間も同じです。
一応、月の出の時間を調べてみました。「え!? 今日は真夜中ですけど・・・」。
しょうがないので、次の日、月の出と月の入りの時刻が書かれたカレンダーを印刷して、先生に渡すよう、やっちに言いました。

それを見た先生、「月は、夜になったら出るんもんだと思ってた」だと。天動説か!?
笑えそうで笑えない話でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-09-29 21:15 | ファミリー
<< 松本城 エラストマーの最期 >>