金剛トンネルを抜けて
3連休の最終日。前半2日間はたっぷり家族サービスしたんで、3日目は自分の時間。
この日は、以前から登ってみたかった金剛トンネルに行ってきました。

まず、旧170号線をたどって河内長野へ。河内長野から国道310号線をえっちらおっちらを登っていくと、目的地の金剛トンネルがありました。あっさり着いたように書いてますが、決して楽ではない道のりです。さずが、関西屈指のヒルクライムコースに数えられるだけはあります。
d0024111_21375562.jpg
トンネルを抜け、五條の市街に向かって一気にガーッと下っていきます。その途中、パン工房『YumYum』さんにて、エネルギー補給。この店、サイクリストご用達になっていて、これから金剛トンネルに登っていくという方とお話しながらの食事タイムでした。
d0024111_2142549.jpg
五條の市街を抜ける道すがら、もろみの匂いがするなぁと思ったら、お醤油屋さんを発見。その周辺が古い町並みになっていました。今日は、ちょっと場違いな格好だったので、今度、FRETTA-Tでゆっくり巡ることにして、先を急ぎます。
d0024111_21455893.jpg
どーん!吉野川に出ました。本日のサイクリングは珍しく綿密な計画に基づいており、計画通り紀ノ川の左岸を川下に向かって走ることにします。実は、ここからのルートは、2月のブルベで使用されたコースを参考にしました。印刷しておいたコースコマ図を見ながらのサイクリングです。
d0024111_21545962.jpg
程なくして和歌山県に入ります。車も少なく、とてもいいコースです。
d0024111_21572871.jpg
九度山駅前の藤。満開じゃん。
d0024111_21582762.jpg
コンビニなどで休憩を繰り返しながら、ひたすら走り続けます。その中のひとつ、船戸駅での休憩シーン。静かな駅です。
d0024111_2233874.jpg
最後に、川辺橋で紀ノ川を渡り返します。
d0024111_2262383.jpg


この後、雄ノ山峠を越えて、大阪府へ。雄ノ山峠は、大阪側からはよく利用してるんですが、和歌山側から登るのはこれが初めて。大阪からだと激下りがあるんで、言わずもがな、和歌山からだとそれが激のぼりになるわけで・・・距離を走ってきた足にはかなり応えました。

ということで、大阪、奈良、和歌山と3府県を巡って、お腹いっぱいのサイクリングでした。
久々の100kmオーバー、127km。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-05 22:13 | オン・ザ・ロード
<< トップチューブバッグ 和泉葛城山に登る >>