葛城山で登り納め
デュアルコントロールレバーの故障がやっと治り、ロードバイクが家に戻ってきました。
レバーごとシマノが無償で交換してくれたらしいです。よく分かりませんが、感謝感謝です。ついでに、ショップで点検&調整をやってくれて、新車当時のシャキシャキした感覚が戻ってきたような感じです。特に、気になっていたヘッド部分の緩みも、すっかり解消されていました。よくよく話を聞くと、どうやらなのだがヘッドの取り付け手順を間違っていた模様。恥ずかしい限りです。
d0024111_15224530.jpg
で、今日は久しぶりに和泉葛城山に行ってきました。しかし、小雪が舞うような寒さの中、朝も早くから自転車にまたがって・・・ホントようやるわ>自分。
7つある葛城山の登頂コースの中から、今回は神通コースでアタックです。このコース、上から下って降りたことはありますが、下から登るのはこれが初めて。7つの中では、最も道路が広くてきれいで、しかも、あまり車も通らない静かなコースです。今回走ってみて、このコースの魅力をもうひとつ発見しました。それは、「南斜面であること」。寒い寒い北風はないし、日差しが温かいし。冬は神通コースがお勧めです。
d0024111_1523164.jpg
とはいえ、なまりきった身体には、ちょっと手応えのあるヒルクライムでした・・・。なんとか山上茶屋に到着。茶屋でおでんを頂きつつ、ストーブで暖をとります。あ~幸せ。山上付近では、路肩の水たまりがなんと凍ってました。どんだけ、寒いねんって。なので、帰りのダウンヒルは大変でした。指がかじかんで、ブレーキがかけられない・・・。もうちょっと、厚手のグローブ買わなくちゃ。
d0024111_15254898.jpg
ということで、今日が走り納め、登り納め。今年は、走り初めが六甲山で、走り納めが葛城山でした。その間は、あんまりしっかり乗れてないけど、終わりよければすべてよし、ってことで。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-12-25 15:29 | オン・ザ・ロード
<< IS03でBluetoothを... IS03のカバー >>