そろそろ終盤
なのだのフランス生活もそろそろ終盤に差し掛かってきました。ま、以前もそういいつつ3週間も延長があったので、予断は許しませんが・・・。
ということで、今日はお土産を探しに、FRETTA-Tでぶらぶら。ここのところ、この街の気温は26℃前後。日本で言うところの5月くらいの気候で、とても過ごしやすいです。ただ、この季節、気温が低いのは、ミストラルという風のおかげでして、今日もビュービュー吹いてました。ミストラルがないならないで、気温は30℃を軽く越えてしまうわけで、どっちにしても、絶好のポタ日和というのは望めません。

今日のポタ中、素敵なおじさんに出会いました。
d0024111_20328.jpg
なのだの正面からやってきて、「止まれ」の合図をするので、「何事か?」と思って止まってみると、「おもしろい自転車だね~」みたいなことを言われ、こっちも「うわっ、モールトンやん!(もろ日本語)」と返したら、なんかそこから会話が弾んで(?)しまいました。
このモールトン、ほぼノーマルでしたが、フロントを2枚にしたところが、オリジナルだそうで・・・。でも、フロントディレーラーがないやん・・・。「で、どうやって、チェンジするの?」って聞いたら(もちろん英語で)、「By my hands.」だって。いいですな~、このケセラセラな雰囲気が。
で、FRETTA-Tというか、Birdyの存在をご存知ではなかったようで、折り畳みを実演したら、「Clever!」ってゆーてました。そもそも、モールトンと比較されても、格が違うんですが、折り畳みに関しては、FRETTA-Tの方が優れているのは確かですな。
最後に、「See you again, my friend!」と固く握手を交わして別れました。

明日は、FRETTA-Tをスーツケースにパッキングする一日になりそうです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-08-08 02:17 | フランス生活
<< 蒜山高原自転車道 南仏で家族サービス >>