フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズポタ
昨日は、『革命記念日』でオフィスでの仕事はお休み。ホテルでのホームワークは山積みでしたが、たまには充電しないとね。ということで、FRETTA-Tでちょっと遠出してきました。
目指すは、フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ(Fontaine de Vaucluse)です。その名が示す通り、そこには泉があって、このあたりでは有名な観光地です。
d0024111_451771.jpg
プラタナスの葉が作り出す『光のパヴェ(石畳)』

いつも頼りにしているミシュランマップは、こういうポタ向きな裏道に導いてくれるところがGood。しかし、気温36℃オーバーの、超ドピーカン。こんな日に、自転車に乗っている輩は、相当なアホか、相当な自転車好きくらいでしょう。なのだは、もちろん・・・・両者か!?
リル・シュル・ラ・ソルグ(L'Isle sur la Sorgue)を通過して、目的地のフォンテーヌ・ド・ヴォークリューズに到着。
d0024111_4564065.jpg
めちゃめちゃ水がきれい!しかも、この水量!しばしの間、目で涼を味わう。
d0024111_4576100.jpg
リル・シュル・ラ・ソルグまで戻ったらちょうどお昼時だったので、リバーサイドでのんびりとランチを頂きました。
d0024111_505619.jpg
帰りは、あまりの暑さに、ボトルに詰めた泉の水を頭から浴びたりして・・・。ツールではよく見かける光景ですが、これが意外と気持ちいい~、特に首筋が。ということで、本日のポタ、65km。120%充電完了です。

PS ツール・ド・フランス第11ステージ。アラシロ、またまたやりましたね。順位表の日の丸を見て、涙出そうになりました。ま、フランスでの話題はゴール前の頭突きでしたが・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-07-16 05:05 | フランスポタ
<< ただの水ですが。。。 妙です・・・いやいや、ミョーです。 >>