もったいないからユゼスへ
土曜日の話。シャトーヌフでのワインショッピングに疲れ(単に呑み疲れですが・・・)、仲間たちはホテルへと帰還。でも、車を返すまでにまだ時間があるということだったので、もったいないから、なのだだけ『ユゼス(Uzes)』まで連れて行ってもらいました。なのだは、一度、行ったことがある街ですが、その時はあんまりゆっくり観光できなかったし・・・。
d0024111_3413940.jpg
ユゼスの中心、ユゼス公爵邸からの眺め。この街は、落ち着きがあって、静か。そして、きれい。周りのほかの街に比べると、建物に統一感があって、それがまた美しさを助長してます。
d0024111_3444347.jpg
展示品かと思いきや、売り物でした。絵になりすぎ。
d0024111_3475162.jpg
少し賑わいのある広場の周りには、こんなアーケードが。
d0024111_3524447.jpg
(写真の白飛びは抜きにしても、)街全体が白いので、このプロヴァンスチックな絵柄が映えます。
d0024111_3541771.jpg
うちの門にどうかな!? あ、門を開けるスペースがないですか・・・。じゃあ、外開きで。
d0024111_3585558.jpg
こういうチェア、欲しいなぁ。プロヴァンスというよりバスク織に近いかも。
d0024111_405591.jpg
帰る途中のプラタナスの並木。やっぱ自転車、要るやろ、と思う一方で、フランスに来ても花粉症の症状が若干出るのは、たぶんこいつのせい!? でも、「スギ花粉症」よりは「プラタナス花粉症」の方が、セレブな感じが・・・。

P.S. フライトの混乱は今日あたりから回復の兆しです。今日、早速、仲間が2人、帰国の途に就きました。火山がこのまま沈静化することを祈ります。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-22 04:01 | フランス生活
<< タベルとリラックをポタる はまったかな!? >>