またまたシャトーヌフ
この週末、またまたシャトー・ヌフ・デュ・パプ(Chateauneuf du Pape)まで、行ってきました。普段呑むための箱ワインが底をついたので、3箱目をゲットするためです。なので、チャリではなくて、車で連れて行ってもらいました。いくらなんでも、チャリで5リットルのワインを背負って走る根性なんて、ありません。途中で、4リットルに減ってるかもしれないし・・・。
d0024111_1115361.jpg
今は葉っぱひとつないブドウ畑ですが、敷き詰められた白い石がシャトー・ヌフ・デュ・パプの証。そして、いつものように、シャトー・モン・ルドン(Chateau Mont-Redon)へ。2001年、2005年、2006年ものを垂直試飲して、お土産用に2本、買いました。
d0024111_1232535.jpg
これが、モン・ルドンの看板犬。なんか言いたそうな表情ですが、「フランス語は分からへんからな!」と言っておきました。
その後、シャトー・ヌフの中心に移動して、目的の箱ワインをゲットしました。このお店でも散々ボトルワインを試飲させてもらって、いい心地です。

シャトー・ヌフ・デュ・パプを後にして、今度は、タベル(Tavel)村へ移動します。あまり聞きなれない名前かもしれませんが、実は、フランスでは「タベルと言えばロゼワイン、ロゼワインと言えばタベル」っていうくらい、ロゼワインでは名の知れた、でも、とっても小さな村です。
d0024111_1365434.jpg
しかし、小さい村なのに、お目当てのシャトーが見つからず、そのまま帰るかと思いきや、替わりのシャトーでやっぱり試飲・・・。ロゼはロゼで、若々しくて夏向けな味なんですが、なのだは何も買わずに退散しました。実は、この村を通過していく、たくさんのローディ達を見かけたので、「今度はチャリで来よう」と、密かに決意したのでありました。

P.S. 火山灰の影響はかなり深刻で、すでに帰国を延期せざるを得ない仲間も出てきました。見た目は、いつもの青い空なんですけどね。来月末には、解決してくれないと、なのだの帰国も・・・(^_^;)
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-19 01:41 | フランス生活
<< はまったかな!? 春は、あけぼの。 >>