毎年恒例のサイクルモードへ(その1)
土曜日、サイクルモード2009に行ってきました。
今年はなんだか気持ちに余裕があります。なにせ、昨年はロード欲しい病に感染中で、「いっぱい乗らなくちゃ」みたいな焦りがありましたから。今年は余裕をかましまくって、他人の世話を焼いているような始末で、目下、ロード欲しい病に感染中のTAKAさんにお付き合いする格好で参加しました。

開場の30分前に到着したというのに、現地はすでに長蛇の列。
それでも、最初のお目当てだったWilierの『IZOARD』は、2番乗りで試乗できました。
d0024111_22125072.jpg

続いて、Ridley『NOAH』。昨年も試乗しましたが、印象は変わらずです。試乗車の写真撮り忘れた・・・写真は展示用のTTモデル。
d0024111_22142879.jpg

さーさ、休むことなくどんどん乗りますよ。続いては、Bianch『Infinito』。「やっぱりBianchiはブルーでしょう!」などと言ってみる・・・。チェレステを敵に回すわけではないですが、このブルーは品があります。今回、乗った中では最も好みの乗り味。しなやか、なめらか、心地よい。お値段、40万。
d0024111_22163237.jpg

新城選手や団長には目もくれず、とにかく乗り続けます。あ、そういえば、TAKAさんが前日にY'sに行ったら、オフの新城選手に会ったそうです。握手してもらったとか。新城選手でもY'sとか行くんですねー。そんなことはさておき、次は、別府選手がのっていたKOGA miyataの『Carbon Team Edition』。このモデル、降りた瞬間にTAKAさんと目を合わせてビックリ。二人ともこのバイクに予想外のいい評価。お値段32万円。コストパフォーマンスなら、Bianchより上です。
d0024111_22174758.jpg

最後に乗ったのは、BHの『G4』。ホントは『G5』に乗りたかったのですが、待ち時間が1時間くらいあったので断念。今回は、このG4で打ち止めとなりました。
d0024111_22181688.jpg


というわけで、息抜きに乗った『Brompton』もあわせると、開場から終了まで丸1日を費やして、合計6台を試乗しました。最初は、東京会場と比べて出店数が少ないなーとか文句を言ってましたが、少ないなりにこれでお腹いっぱいです。自分もロードに乗るようになって、基本となる乗り味が染み付いたおかげで、いろんな自転車のいろんな違いがより一層分かるようになった気がします。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-11-29 22:27 | 自転車グッズ
<< 毎年恒例のサイクルモードへ(その2) かけ算九九からリーマン予想まで >>