一本橋
d0024111_2322263.jpg
見てのとおり、一本橋です。
下に敷かれているのは、ウッドフェンスの天板になるはずだった高級木材。製作の途中で面倒くさくなって意匠の関係で、設計を変更した結果、今は庭でベンチ替わりになっている(置いているだけですが)木材です。
それを使って、たまに子供たちとこんなことやって遊んでいるのですが、遊んでいるうちに近所の子供たちがやってきて・・・ハイハイ、並んで、並んで~!って、これじゃぁ、まるでどこぞのスクールやん・・・。さらに、これに傾斜を付けたり、シーソーにしたり・・・と、単純ながら大人でも楽しめる遊具になったりします。

で、そんなことやって何になるかというと、そりゃ、言わずもがな、突然、目の前に一本橋が現れた時に躊躇なく渡れる精神力を磨くためですがな。ウソです。強いて言えば、自転車を自転車として楽しんでもらうのが目的でしょうかね。ついでに、多少なりとも技術が身に付けば、さらに楽しくなるだろうし、より安全に乗れるようになるのではないかと。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-10-21 23:32 | ファミリー
<< 犬鳴コースで葛城山へ あっさり、ぽっきり >>