鍋谷峠を越えて葛城山で帰ってくる
d0024111_20293211.jpg
566を手に入れて以来、初めてまともなお休みだったこの週末。早速、乗り回してきました。

土曜日は、シフティングとクリートを徹底的に身に付けるために、山やら海やら街やらを徘徊してました。シフティングはともかく、クリートはやっぱり難しい・・・。まあなんとか一発ではまる確率は高くなってきましたが、それと同時に、信号待ちではガードレールや電柱にもたれて、クリートを外さない超不精な技も身についてきました。結局60kmほど走って、なんとなく、566の扱いが分かってきたような気がします。

日曜日は、ちょっと欲張ってヒルクライム三昧。まずは国道480号で鍋谷峠を越えて和歌山県へ。
d0024111_20375287.jpg
FRETTA-Tではあんだけしんどかった山坂道が少し楽に感じます。和歌山県側に降りてからは、帰り道をいろいろ思案しましたが、結局、和泉葛城山の登り返しに挑戦してみることに。何もそんな試練を自分に課さなくてもいいとは思いますが、やっぱりせっかくロードを手に入れたのですから、マシンの限界ではなく、自分の限界に挑戦してみたくなりました。葛城山は大阪側からの登り3コースはFRETTA-Tですでに制覇してましたが、和歌山側からの登るのはこれが初めて。それほど厳しい勾配はなかったものの、スタミナ不足でかなり苦しみながら、なんとか山頂にたどり着きました。
d0024111_2054580.jpg
この日は75km。

まだまだいろんな可能性を秘めている雰囲気です。次は少し距離を延ばしてみようかな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-09-06 21:01 | オン・ザ・ロード
<< 南河内サイクルラインで大ゴケ!? 鈴鹿が終われば・・・ >>