シャトーヌフ・デュ・パプをポタる
そろそろ帰国の噂が持ち上がりつつある週末。これがフランスでのポタ納めになるかどうかは分かりませんが、シャトーヌフ・デュ・パプ(Chateauneuf du Pape)までポタってきました。
d0024111_3173121.jpg
初めてフランスをポタった時は、枯れ木のようだったぶどうの木々も、見事な実を蓄えています。
d0024111_3373123.jpg
早くおいしいワインにな~れ!・・・などと、待っているわけには行かないので・・・
d0024111_3382841.jpg
4年前はあんなぶどうだったはずのワインを1本、お土産用に買いました。もちろん、5年前と4年前のテイスティングも。あと、石コレクターのゆうちゃん(娘)のために、ぶどう畑の石をひとつ失敬・・・^^;
「シャトーヌフはこの石のおかげで素敵なワインができるんだよ~。」
d0024111_3485412.jpg
大事なワインをバスタオルに包んで、リュックに詰め、思い切り遠回りしながら、この国の景色を目に焼き付けます。
ほんと、ポタリング天国だな~、この国は。本日、55kmなり。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-08-02 03:58 | フランスポタ
<< 仏国自転車標識コレクション 再びリル・シュル・ラ・ソルグへ >>