再びリル・シュル・ラ・ソルグへ
d0024111_5393917.jpg
先日の日曜日、「リル・シュル・ラ・ソルグ(L'Isle sur la Sorgue)」に行ってきました。
数少ないフランス体験の中で、好きな場所は?と聞かれたら、まっさきにこの町の名前を挙げたいくらい、素敵な町です。今回が2回目の訪問ですが、前回この町に訪れた時は、あいにくの土砂降りで、南仏のヴェニスとも呼ばれるほど水に恵まれたこの町で、まさに身も心も水浸しだったので、今回はその仕切りなおしでもあります。

バスセンターから朝9時ちょうど発のバスに乗り、40分で現地に到着。すでに日曜日恒例の市が開かれており、バカンスシーズンということも手伝って、かなりの賑わい。
d0024111_5404330.jpg
で、この町の何がすごいかといえば、アンティークショップの数。「地球の歩き方」によれば、人口2万人の町にアンティークショップが200店以上もあるらしい・・・すごっ! このアンティークショップと市に出ている露店を歩き回るというのが、とにかく楽しい~。
d0024111_542531.jpg
d0024111_5452860.jpg
d0024111_5423843.jpg
d0024111_5435744.jpg

オールドバカラとか探してたんですが、めぼしいものは見つからず、結局、何も買わずに帰ることにしました。ツールの最終ステージを見なけりゃならないし・・・。
で、帰りにいかにもフランスらしい出来事に遭遇しました。電車で帰ろうと思って、駅に行ったんですが、なんと駅の切符売り場がお昼休み中で切符が買えない!一日に数本しかない電車の到着時刻だというのに・・・。

いろんな思い込めて、ひと言、言わせてください。
働け~、フランス人っ!
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-07-30 06:16 | フランス生活
<< シャトーヌフ・デュ・パプをポタる ツール・ド・フランス第20ステージ >>